2010年03月11日

インプのVAN

これ、カッコいいなぁ。

HILLMAN IMP BASIC BLACK VAN on eBay (end time  17-Mar-10 13:52:19 GMT)

インプのVAN、HUSKYの黒色。ホワイトリボンのタイヤもいい雰囲気。誰か日本で走らせてほしいなぁ。

ここでマメ知識。

インプ族のVANタイプは複数ブランドから販売されていて(バッジ・エンジニアリング)
HILLMANブランドのVANタイプは「HILLMAN HUSKY」、COMMERブランドのVANタイプは「COMMER VAN」 と呼ばれます。

って、何の役にも立たないマメ知識ですね。

;

2008年07月07日

路上エンコ

日曜日、インプに乗ってお出かけの途中、家を出て10kmも走らないうちにエンジンの回転がバラつきだしました。嫌な雰囲気・・・ スタンドに止めてチェックしようかな・・・と思っていたら交差点の右折レーンでエンジンストップ。 あわてて降りて歩道に車を押入れました。



症状としてはガス欠のそれに近かったものの、燃料ゲージの針は1/4を指しています。 経験的にこれぐらいであればガソリン残量は十分のはずだし、電磁ポンプもカラ打ちしていません。となると点火? しかしプラグを外して点火チェックすると、しっかりスパークしていました。ただ、 プラグの先端にガソリンの湿り気が無くカラカラに乾いた状態、どうもガソリンが来ていない様子。エンジン始動を諦めJAFコールしたあと、 なんとなくタンク周辺をチェックしていたら原因が判明。

犯人はこいつでした。



燃料フィルターがゴミで目詰まりしていたようで、強く振ってゴミを散らすとエンジン再始動。JAFのレッカー車が到着したけど、 自走できるのでゆっくり走って帰ってきました。

このフィルター、スペアタイヤの裏側に隠れているので、普段はまったくチェックしていませんでした。 エンジン修理で長いこと動かしていなかったので、タンク内のサビが増えてしまったのかもしれません。 ヤマモトさんに代わりのフィルターを送ってもらったので、交換してしばらく様子を見る事にします。

2008年06月21日

インプの写真

写真整理のついでにPicasa ウェブアルバムでスライドを作ってみました。

こちらを参考にしました。 → Picasa ウェブアルバムでスライドショーをブログに貼り付ける方法

2008年06月08日

大人のほうが楽しめる絵本?

アマゾンで見つけた車の絵本。作者は「こもりまこと」さんといって、 いろいろな乗り物を題材にした絵本を沢山作られている方みたいです。そのなかでもこのシリーズは、 対象年齢2~4歳にしては車のセレクトがマニアック。古い車たちに対する作者の「愛」が伝わってきます。 擬人化も車のイメージと絶妙にマッチしていて、絵のディティールも細かくて、デフォルメ感も絶妙です。子供でなくても、子供みたいな大人 (すなわち車バカ)が見ても面白い絵本でした。


【はやいぞブンブン】
ミニ、しかもMark-I。それとわかるディティールで描かれてます。これを見て「あーこのドアノブ形状だとMark-Iだね」 なんて言う2~4歳児がいたらびっくりです。


【ダットさん】
フェアレディSRとエスハチとNコロ


【バルンくん】
これはカニメですね。擬人化しやすい顔してます。



【このおとだれだ?】
チンクとビートルとコルベットC1、黄色いのは250GTかな?



【バルンくんとおたすけ3きょうだい。】
バルンくんは作者のお気に入りなんでしょうか、これ以外にも他の絵本に小さく登場してたりします。


※画像はアマゾンにリンクしてます。

インプも絵本にしてくれないかなぁ~

2008年06月03日

New Model

先週の土曜日、恵比寿のMr.Craftで捕獲





インプのミニカー類はめったに売ってないので、見つけると思わず買ってしまいます。売り物が少ないのは、むしろお財布に優しいのか?

でも、モデル化されてるのはセダンがほとんどで、クーペはHILLMAN Calfolnian(丸目2灯)の物しか見たことありません。 うちの子(Stiletto、丸目4灯)のモデルが欲しいんだけどなー。

2008年05月08日

復活!




ながらく色々な事情でStilettoを京都に置いたままにしていましたが、ようやく関東へ持ってこれました。

愛車が手元にある生活、潤いがあります。

写真は、復活記念に我が家の前でパチリ・・・・はウソ。

人生の一大イベント(=結婚式)に出席してくれたStiletto君でした。

復活!




ながらく色々な事情でStilettoを京都に置いたままにしていましたが、ようやく関東へ持ってこれました。

愛車が手元にある生活、潤いがあります。

写真は、復活記念に我が家の前でパチリ・・・・はウソ。

人生の一大イベント(=結婚式)に出席してくれたStiletto君でした。