« 1ヶ月ぶりの帰宅 | メイン | タコメータ復活 »

2006年06月25日

STACK!STACK!STACK!

壊れたタコメータの代りに注文していたブツが届きました。from USA。

 stack STACK ST400C(10000rpm、リニアスケール)

今後の事を考え、メカさんからSTACK製のタコメータを強く勧められていたんですが、国内代理店のGARUDAさんで扱っているのは今風デザインのST200と、 クラシックな外観で4000rpm以下はクロノ風に針が動くCHRONOTRONICのみ。 見た目の雰囲気は断然CHRONOTRONICの方がいいんですが、クロノ風な針の動きはどうも・・・ 街乗りで多用する回転域がリニアに動かないのは実用的じゃ無さそう?

本家STACKのHPを調べてみると、 クラシック風な外観でリニアスケールのST400Cがラインナップされています。 どうせ買うならコッチがいい。ということで、WEBを徘徊してUSAのPegasusで在庫を確認、 日本への発送もOKだったので注文。なんと2日で届きました。。。あぁ世界は小さい。

日本への送料を合わせるとCHRONOTRONICを国内で買うのとあまり代わらず値段的には何のメリットも無い、 どころか、「クロノ無し」なので割高と言えなくもないですが、日本で同じモノを付けてる人は少なそうなので、 自己満足度がヒジョーに高いお買物です(笑)

私信:来週末もって行くので取り付けお願いします > K or I  さん