« Stiletto on Circuit | メイン | もうすぐ完成 »

2006年05月27日

エンジン開腹

EuroCupで白煙を吐いたエンジンですが、さっそく月曜日に下ろして状態をチェック。

このエンジンは海外でレースを走らせていたそのままの状態なので、どんな仕様になっているのか気になります。 エンジンの中を見れる機会は滅多にない(で、あって欲しい)事なので、メカさんが分解してゆく様子を興味津々で見学させてもらいました。

20060525_stiletto2

エンジン・ミッション一体で下ろした姿。コンパクトです。 1960年代の大衆車に総アルミ製のエンジンとミッションケースを奢ってるのはスゴイ。 RRレイアウトを採用したため少しでも軽くしたかったのでしょうか?単体重量はアレックスさん謹製の2階建てエンジン (Miniね)より軽いに違いありません。

手際よくバラされてゆく横で写真を撮らせてもらいながら、メカさんが各所を点検していきます。
結果、不具合箇所は、4番のヘッドガスケット抜け、1、2番のシリンダーに小傷あり。

20060525_stiletto1

ちーん・・・。でも、致命的な壊れ方をしていなかったので安心しました。

ガスケット抜けは今回ヤってしまったのに間違い無いですが、シリンダーの傷は微妙? おそらくサーキットを走る前からこの状態であった可能性が高い、とのこと。以前からアイドリングでエンストしやすい持病があったので、 この傷が原因で軽い圧縮抜けを起こしていたのかもしれません。
ヘッドにクラックが入っている可能性があったので水圧検査をしてもらいましたが、こちらは問題が無かったようで一安心。 クラック入ってたら別のヘッドを探さなければならない所でした。ほっ。

シリンダーの小傷を除けばガスケット交換だけで済む軽症だったわけですが、傷の存在を見て・知ってしまった以上、 このまま組むのは切なすぎます。ブロックをボーリングしている時間もパーツも無いですし、 そもそも既に998cc仕様なのでこれ以上オーバーサイズを入れるのは強度的に不安が残ります。ということで、 手持ちの新品930ccブロックに今のヘッドをOHして載せるメニューで修理することにしました。いまより若干排気量が落ちてしまいますが、 各部OHでリフレッシュされたNewエンジンの方が馬力が出てくるかもしれません。さて、どうなるか?


20060525_stiletto3 
持ち込んだ「とっておき」の部品たち。930ブロックを購入したのは今年の1月。何かあったときのために、、、と思って買いましたが、 まさかこんなに早く使う事になるとは思いませんでした(苦笑)買っておいてよかったー。。。

で、バラしたついでに確認したエンジンの仕様。

まずカム。見た目でまぁまぁのトンがり具合。ハイカムである事には間違いなし。ただ、どこにも刻印がありません。 よってプロフィールは不明~。加工カムなのか?気になるのは、ノックピンを打ち直した溶接跡があること。 こんな所を飛ばす事ってあるんかいなぁ?
20060525_stiletto4


カム・スプロケットはマルチホールタイプが付いていました。似たような物を買って用意してたけど無駄になっちゃった。。。

IN/EXバルブ径は標準サイズ?ヤマモト・セダンより小さいようです。ビッグバルブ化されているかと期待していたけど、がくっ。

外から見てもわかっていた事ですが、ヘッドは数mm面研されています。圧縮比はかなり高そうで、ノッキングしやすいのはこのせいでしょうね。

ピストンは72.5mmで998cc仕様。これは予想とおり。

クランクはノーマルタイプ。バランス取り等の加工が施された形跡は無し。フライホイールも純正そのままでした。

コンロッドは若干バランス取りで削った形跡あり。

ブロックのフライホイール側に大きな溶接跡があります。フライホイールを飛ばして修理したのかな?

と言う事で、998cc化とハイカム装着以外は割と標準的なチューニング・メニューだったようです。

あと、このブロック、スリーブを打ち変えているんじゃないかな?純正は1・2と3・4が一体になってると思うんですが、 これは各気等で別のスリーブになってます。

20060525_stiletto5 これが現ブロック

20060525_stiletto6 これが新品930ブロック

両方のスリーブに磁石をくっつけて見たんですが、998ccブロックのスリーブは吸い付き方が明らかに強くて「鉄!」って感じでした。 スリーブを入替えるのは結構大変なはず、他のチューン度から考えるとココだけ妙に手間がかかってます。なんとなく不思議。 998ccブロックのスリーブを見るとわかりますが気筒間の壁の厚みがかなり薄いです。 これをさらにボーリングするとぺらぺらになっちゃいそう。。。

コメント

早速エンジンチューンですね!
まずは軽傷で何よりでした。しかし用意周到でブロックまで持っていらっしゃったとは。私も見習わなければなりませんねぇ。私の場合は最初のエンジンが逝ってしまってから替わりを探した位ですし…
なにはともあれ、早期復活に向け頑張って下さい。
ちょっと秋のインプカップ参加したくなって来ました・・・

強烈なエンジンブローでなくて良かったですね。

カムですが、INとEXのカム山の間の部分がカム山よりも太ければ、間違いなく加工カムですね。トンガリ具合からも加工品と類推します。でも、オーバーラップは少なくて、ハイリフトカムのようですね。ビッグバルブだと慣性重量が大きくなってジャンピングし易くなるので、一概に良いとはいえないんじゃないかな。
小排気量なんで、カムのようにパワーを喰われるところはバルブスプリングの設定とかタペットクリアランスとか、トレードオフをどう考えるか、チューナーの腕の見せ所なのかもね。

930ブロックは、たまたま出物の売物があったので買っておいたんですが、活用するのはもっと先だと思ってました。持っててよかった予備エンジン!(笑)
今回はチューンというよりも、1度スタートラインに戻ってみる、そんな気持ちですね。
秋のインプカップ参戦!遠方ですから軽々とはお誘いできませんが、一緒に走れたら嬉しいですね(^^)

辻さん、コメント入れ違えました。
おそらく加工カムでしょうねぇ。当たり面の状態から見て、当時物ではなく近年加工されたものと思われます。
チューナー、インプだとハートウェルかな。。。当時に戻って買い漁りたいパーツがいっぱいあります(笑)

>当時に戻って買い漁りたいパーツがいっぱいあります(笑)

その前にタイムマシーンを買わないと。
タイムボカンでもいいのか。

それで当時品(つか、リアルタイム)のパーツ仕込んで大儲け。
これ最強。

コメントする