« Club305、初FISCO | メイン | アルテピアッツァ美唄 »

2009年08月25日

最速戦車

Club305の大抽選会も終わって(何も当たらなかったがくっ)そろそろ帰ろうとしたら、 いきなりピットエリアにコイツが現れた。 もっもっもっもの凄くカスタマイズされたMiniですねっ!? ってんなわけがない。 ジェットエンジンを背負った0?400mドラッグレーサーですね。 存在はテレビや雑誌で知ってましたが実物は初めて見ました。 レアな乗り物に耐性のある嫁さんも「大砲?キャタピラ?ジェット?走るの?死ぬの?(←うそこれは言ってない)」 疑問符がいっぱいだった様子。 運転席が吸気口の真ん前にあるんですが、 フルスロットルでドライバーが酸欠になったりしないんですかね? シートベルトが緩んで すぽっ とかイッちまう恐怖は、 無いんですかね?

コメント

ちょ・・・
酸欠とか「すぽっ」とか、怖いですよ。

日曜日にドラッグレースかなんかあったのなぁ?
ツーショット撮れたんだね

アメリカのジェット戦闘機で整備員が吸い込まれた、って事故を、テレビのバラエティ番組で観たことがあります(バラエティ番組で良いのかって気もしますけど)。
幸い、整備員は生還しましたが。

超絶爆音で難聴になりそうですし、FISCO(今は何だっけ?)から摩訶不思議な山びこが聴こえるとか、陸自の大砲より爆音とか、伝説を生みそうなマシンですな。

>マイキーさん
ドライバーさん命がけですね

>AMCAMCAMCさん
決して出会うはずの無い二人がすれ違った瞬間です

>辻さん
いまもFISCOですよ。動いてる姿は見れなかったですが、全開にしたジェット音を聞いてみたいですね。

ゼロヨン挑んでmれば面白かったのに

コメントする