« 9月17日 EuroCup Rd.4 feat. 勝手にIMP CUP | メイン | ぷち入院から長期入院へ・・・ »

2006年10月10日

ミニ3時間耐久のお手伝い

10月9日(月・祝日)、セントラルサーキット、秋らしい青空で気持ちのいい一日。

20061010_stiletto1 

MiGHTY DOG主催のミニ3時間耐久レースでチーム・ ヤマモトさんのサインボード出しをお手伝い。今回で3回目の担当ですが、サインボード出しはトラブル発生を一番先に察知したり、 ドライバーからのインプットをもらったりするので、単純な作業のワリに気が抜けません。

20061010_stiletto2 

20061010_stiletto3 

前回、1月に岡山国際サーキットで開催された5時間耐久レースでは、レース中盤でクラッシュ! →必死の復旧→なんとかレース復帰→今度は電気系トラブルでストップ→必死の復旧→制限時間ギリギリでレース復帰→辛く完走!  と、なかなか大変なレースでした。

今回、車はトラブル無く3時間を走りきりましたが、やはり色々なドラマがありました。

レース序盤のセーフティカー導入と同時に義務ピットインの作成が大当たりして、以後レース残り30分ぐらいまでほとんど1位の順位で周回。

最後の義務ピットインもセーフティ導入と同時に行ったものの、残念ながらすぐにセーフティが引っ込んだためメリットにならず。

義務ピットインを終えコース復帰時点で4位まで順位を落とし、レース残り時間は5分ちょっと。前を行く車とのラップタイム差を計算すると、 もしかしたらギリギリ最後の周で追いつけるかどうか?

そこから最終ドライバーが猛烈な追い上げ、最後の周で前の車をパスして3位に浮上!

・・・した瞬間、レースは赤旗中断、、、そのままレースは終了、、、、えぇ~!!!順位はどーなるの~!? 

結果、主催者判断は赤旗中断時点の順位で3位入賞で表彰されたものの、最後の周回はコントロールラインを通過しなかったため、 レースの公式結果としては前回周回の順位で4位というリザルトに。

結果は3位か?4位か?ビミョーな感じですが、耐久レースらしい作戦・展開を楽しめました。 最後の義務ピットインとセーフティ導入が重なった瞬間は「有り得ない!!こんな幸運は有り得ない!!神が降りてきた!!」と興奮が最高潮。 結果はそれほどメリットにならなかったけど、あの瞬間をみんなで共有できるのが耐久レースの醍醐味だよねぇ、と感じてみたり。

またイイ思い出ができました♪