2006年07月27日

ユーザー車検

本日は有給を取得、SR500のユーザー車検のため京都陸運支局へ。

060727_1025~01( 写真のバイクは人様のもの。。。)

もう何年も前から、バイクの車検は陸運へ持込・ユーザー車検で済ませてます。検査料・重量税・ 自賠責ぜーん含めても3万弱で済んでしまうので大変経済的。普段から気になる部分の整備を適時やっておけば、 車検なんて2年に一回の儀式みたいなもんです。

・・・とか言いながら、今回は尾灯の球切れを指摘され不合格に・・・慌てて近くのバイク屋に駆け込んで球交換、Uターンして再検査・ 合格のハンコをもらいました(不合格があっても当日中なら何度でも再検査してもらえます) ぜんぜん整備が甘いですね(苦笑)  ユーザー車検で皆が苦労するポイントに光軸検査があるんですが、僕はいままで1度も不合格を食らった事がありません。今回も一発でOK! 運がいいのかな?その代わりしょーも無い指摘で不合格になります。 以前はSRX600の車検でタンデムステップを付け忘れてて不合格になりました。。。このときも慌てて自宅へ戻って装着、 Uターンして再検査・合格のハンコをもらったなぁ。

朝一番に出向いたのに京都陸運は二輪の検査は10:30開始でしばらく待ちぼうけ(以前受けていた神奈川陸運は二輪も8: 30開始だったのに・・がくっ) さらに尾灯の球切れ交換・再検査があったりしながらも、昼前には新しい車検証を交付してもらいました。 本当にあっと言う間です。

あとは、お盆休みのツーリング計画に向けてバッテリーとOIL交換をしてあげればOKかな? 

2006年07月21日

大人の写真・子供の写真

4777905586.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_V51597406_

ダラダラと過ごした3連休に読んだ本。

タイトルそのまま、同じフィールドを大人と子供が撮った写真にキャプションをつけた、少し笑えて、ときどき「はっ」とさせられる、 不思議な写真集(と言っていいのかな?)

これ以上、言葉で内容を説明するのはムズかしい。

つべこべ言わず、買って読むべし!

2006年07月20日

祇園祭りは雨でした・・・

20060719_kyoto1 20060719_kyoto2

祇園祭りの3連休は、雨・雨・雨!でした。

がくっ。

お祭りは宵山を少し見に行っただけ、17日の山鉾巡行も大雨で観覧を断念。ローカル局で巡行を生中継(!) をしていたのでTVで見ましたとさ。

さらに天候不良で他の予定もキャンセルに・・・おやぁ?3連休、オレ、ヒマじゃん?

で、突然に空いた時間を有意義に使えず、なんとなくダラダラと過ごしてしまった3連休。

週が空けてた今も、なんとなくダラダラ感が抜けません。。

2006年07月05日

七月、京都、祇園祭り

20060705_kyoto

7月に入り京の街は祇園祭りシフトとなりました。あちこちで祭りの準備が始まっています。 あげくスーパーのBGMも祇園囃子のエンドレス・ループ!祇園の季節を京都で過ごすのは都合6、7回目?のエセ京都人でも、 この囃子が聞こえてくると少しワクワクしてきます。

ところで、「祇園祭り」のことを山車を市中が練り歩く「山鉾巡航」の事だと思ってる人が多いかもしれませんが、実は7月1日の「吉符入」 から7月31日の「疫神社夏越祭」までの、1ヶ月に渡る神事の総称が「祇園祭り」なんですね。各神事はすべて日取りが決められていまして、 「山鉾巡航」は7月17日に行われます。

詳しくは祇園祭りを参照されたし

この山鉾巡航が祭りのハイライトであることには間違い無いのですが、個人的には15~16日に行われる宵山の方が好きだったりします。

町内各所に山鉾が組み立てられ、祇園囃子が鳴り響き、夜になると灯りがともされ幻想的な雰囲気に。 夕方から大きな通りは交通規制が布かれ、出店が立ち並び、普段は静かな路地も大勢の人で賑わいます。

いわば市内中心部で巨大な縁日が開かれているようなもの! 活気があって面白い!京都の違う一面が見れます。

さらに今年は、宵山・山鉾巡航が7月15日~17日の3連休と重なる最高の日取り。こんな日程は滅多にありません。 実はハイライトの山鉾巡行を一度も見た事が無いので、今年は見てみたいなぁと思ってます。何所で見るのが一番いいか情報収集中・・・
 

2006年07月03日

タコメータ復活

EuroCupで臨終してから約1ヶ月半、久しぶりにタコメータの針が動きました。

20060703_stiletto


これで安心して回せます。初めて使いましたが、ステッピングモータの針は独特な動きをしますね。常時ピクピク震えてる感じです。
あと、ヤマモトさんのCHRONOTRONIC (Lotus 22に装着)と僕のST400Cと見比べてみると、 クロノの有無だけでなくて外観もかなり違いました。外周のメッキリング部分がCHRONOTRONICの方がすっきりしています。 よりSMITHの機械式に似せている感じ。ST400Cは少しぼってりしているかなぁ。 ここはちょっと残念。

このメータは多機能で、ピーク回転の記録どころか「サーキット1週ぶんのタコメータの動きを記録・再現」なんて事もできるようです。 しかし海外直輸入ゆえ、マニュアルは英文のみ。。。。まだ使い方を把握してませーん。