2006年06月25日

STACK!STACK!STACK!

壊れたタコメータの代りに注文していたブツが届きました。from USA。

 stack STACK ST400C(10000rpm、リニアスケール)

今後の事を考え、メカさんからSTACK製のタコメータを強く勧められていたんですが、国内代理店のGARUDAさんで扱っているのは今風デザインのST200と、 クラシックな外観で4000rpm以下はクロノ風に針が動くCHRONOTRONICのみ。 見た目の雰囲気は断然CHRONOTRONICの方がいいんですが、クロノ風な針の動きはどうも・・・ 街乗りで多用する回転域がリニアに動かないのは実用的じゃ無さそう?

本家STACKのHPを調べてみると、 クラシック風な外観でリニアスケールのST400Cがラインナップされています。 どうせ買うならコッチがいい。ということで、WEBを徘徊してUSAのPegasusで在庫を確認、 日本への発送もOKだったので注文。なんと2日で届きました。。。あぁ世界は小さい。

日本への送料を合わせるとCHRONOTRONICを国内で買うのとあまり代わらず値段的には何のメリットも無い、 どころか、「クロノ無し」なので割高と言えなくもないですが、日本で同じモノを付けてる人は少なそうなので、 自己満足度がヒジョーに高いお買物です(笑)

私信:来週末もって行くので取り付けお願いします > K or I  さん

2006年06月23日

日本敗退・・・

ふんっ

http://www.youtube.com/watch?v=1qkcVGwhzlY

2006年06月18日

1ヶ月ぶりの帰宅

EuroCupを走ってエンジンを壊し、修理し、輪島へ行き、帰ってきてまた入院、先週は富士ヒルクライムで引取りにいけず。

色々とありましたが、1ヶ月ぶりにガ レージに帰宅しました。

20060618_stiletto1 

ほっとしますね。

2006年06月15日

富士の記録

富士ヒルクライムの記録がココで公開されました。

自分のゼッケンNoで検索してみると

タイム:2時間41分03秒
35~39歳・男子・ロードクラス: 638位 (670人中)
総合順位:2853位(3018人中)

・・・わははは。ギリギリ完走って感じですな。

レース中の様子がALL SPORTSに載っているんですが、僕の写真は見つかりませんでした。。。ちょっと寂しい。




2006年06月13日

Mt富士ヒルクライム 辛かった。。。

Mt富士ヒルクライム。色々と大変でした。

土曜日。出発してすぐ、名神の上でまたしてもサーフがオーバーヒート。JAFを呼んで積車で家までUターン。がくっ。急遽、 一緒にエントリーしたda-daさんにお願いして同乗させてもらうことに。4月も富士へ向かう途中でオーバーヒートしたので、 サーフと富士方面は相性が悪いらしい?

日曜、レース当日。天候は終日雨、雨、雨! 気温は10度ちょっと。寒すぎます。。。 ヒルクライム初参加の2名は雨装備も防寒装備も持ってきておらず、とりあえずコンビニでビニールカッパを調達 (後にこの無計画さが致命傷となりました)

ヒルクライムは観光自動車道路の富士スバルラインを通行止めにして行われます。距離は約25km。平坦・下りは一切無くずーっと登り。

まだ体が温まっていない、スタートしてから5kmの区間が特に辛くて感じてしまい、正直、どこでリタイアするか考えながら走ってましたよ。 でもまぁ、とりあえず行けるとこまで登ってみるつもりで、後続車にばんばん抜かれつつ、ゆっくりゆっくり、 それでもヒィヒィいいながらペダルを回し続け、

あぁなんとか10kmまで登れたなぁ。。。もう少しイケるかなぁ。。。
おぉっ15kmまで登れたじゃん。。。でもそろそろ限界だなぁ。。。
あれっ20kmじゃん。。。完走できるかも。。。?

・・・あ、FINISHの旗が見えた(泣)

そんな調子でなんとか完走。我ながらよく登ったもんだと思います。辛すぎて意識がトンでいたのか?

でも、本当に辛かったのはここからで、いま登ってきた坂道25kmを自転車で下らねばなりません。

下るのは楽だと思って甘く考えてたんですが、ゴール地点の気温は10度ちょっと、こっちは短パン・ 半袖にぺらぺらのコンビニ雨合羽を羽織っただけの軽装。走り出したら寒くてたまらないわ、雨と霧で視界は悪いわ、 ロードの自転車はブレーキの効きが甘いので強く握りつづけてたら握力が無くなってくるわ。。。

あまりに辛くて途中で一時停止。休憩をしようと自転車を降りた瞬間、両足の太股が激しく痙攣。さらに寒さで震えが止まらなくなり。。。 軽い低体温症?
これ以上自力で降りるのは危なそうなので救護車に乗せてもらって下山しました。。。。とほほ。

ヒルクライムは完走したけど、最後まで自力で下りられなかったのが心残り。

よしっ来年はもっといいタイムで完走を目指そう!! ・・・という意気込みは薄いんですが(^^; 晴れた日にもう一度登ってみたいかな?

2006年06月11日

登ってきました

Mt富士ヒルクライム、 わざわざ富士へ出向いて25kmの坂道を登ってきました。

結果は・・・無事完走!!

ぱちぱちぱち(^^v

今日は疲れきってるので詳細は後日

2006年06月08日

6月4日(日)、5日(月) 輪島とは関係の無いレポート

一日目のレポートはこっち
二日目のレポートはこっち

輪島オートモービルの会場を後にして、能登有料道路で金沢まで移動。

もう一泊して翌日ゆっくり帰ろうという魂胆です。

ブルーインパルス渋滞で帰りが遅くなる、という事前情報があったのでもう一泊する予定にしていましたが、夕方にはホテルに到着。 結局はかなりゆったりとした旅行になりました。

宿泊はホテル日航金沢。駅前の一等地にある北陸最大のホテルです。日曜宿泊の安いプランで予約したのですが、 なんと最上階の部屋をアサインしてくれました。部屋からの眺めは最高、窓からはライバルであろう全日空ホテルの(高級そうな) ラウンジが見下ろせたりして。かなりテンションの上がる部屋です。

ま、ツインに野郎二人で泊まるには、むしろ物悲しいと言えなくも、無い、んです、が、ね。

ホテルについて一休みして、近くの店で夕食、お酒を買って、ANAホテルのロビーでお茶をして、部屋に戻ってビデオを見て、 RYOさんが昨日の映像を見て「これっておとといの・・いや昨日だ」そんな勘違いも納得の盛り沢山な二日間の話で盛り上がり、 他にもあれこれ話で夜中まで。なんだか寝るのがもったいないテンション。でしたが、さすがに寝不足で撃沈。2時過ぎベッドへ転げ込み。

翌日はゆっくり寝坊する予定が、普通に7時頃に目が覚めてしまい。。。寝心地の良いベッドだったのにちょっと勿体無い。 仕事の日ならいくらでも二度寝できそうなのに、なんで休みの日は目がしっかり覚めるんでしょ。ぶつぶつ。。。 しかもコンタクトを付けっぱなしで寝てしまい目が・・(>_<)

ちなみに同行者2名はしっかり寝坊しました。

11時過ぎにチェックアウトして、荷物・車を預けたまま近くの喫茶店で朝食(昼食?) あまり期待せず入ったのにサンドイッチ・ オムレツ・コーヒーどれも侮れない味で嬉しい誤算。金沢おそるべし。食後ホテルに戻ってインプを出庫。駐車料金を計算したら、 人間の宿泊費よりも高かった・・・インプが一番高級な所に泊まったらしい? もちろん料金はサービス券で無料になりましたけどね。

インプの始動前点検を済ませてホテルを出発、まっすぐ帰らず金沢観光の名所、兼六園を見学に。 庭園を見て茶室でやや本格的な抹茶をいただき(作法をはじめて教わった)、駐車場へ戻ると15時過ぎ。うむ。ゆっくりしすぎだ。

いそいそと北陸道に乗って帰路へ。途中、インプで並走しながらビデオを撮ったり撮られたり。 どんな風に写ってるのか見るのが楽しみです。。かなりかっこよく撮れてそうな気がします。。。早く見たい。。。

20060607_stiletto10

帰路も順調に走りきり、20時ころヤマモトさんに到着。これにて輪島旅行終了~。本当に楽しい3日間の旅行でした。

イベントに間に合うようにエンジンを仕上げて、しかもトラブルなく走れる状態にしてくれた皆さんに感謝!

3日間で約600km走りましたが、今回のOHとは関係のない小さなトラブルは出たものの、 Newエンジンはすこぶる調子よく動いてくれました。こころなしか出発時よりアイドリングが上がったような気もします。 当たりが出てきたのかな?もう少し走らせたらOILを換えて、ちょっと高回転まで回してみようと思います。 それまでにタコメータをなんとかしないとな。。。