« 初めてのモノクロ現像 | メイン | Film現像:道具編 »

2005年06月07日

笑顔の素敵な女性に会いました

leitz Minolta CL / 40F2 / 1/250 F8
NEOPAN ACROS / D76 1:1 / 24度 7"15
↑こーゆーの、一度書いてみたかった(笑)

タイトルと写真の関係を説明すると、

昨日、大阪から帰りの電車の中で、なんだか気分が沈みこんでて、たぶん大阪を歩くと色々と思い出してしまう自分に嫌気してて、 そんな時に目の前に座ったカップル、その彼女の笑顔がとても素敵で、その笑顔を見たら気分が明るくなって、 自分でも良くわからないけど気持ちがすっきりして、そしたら写真が撮りたくなって、でも彼女を撮る訳にはいかず、 そもそもカメラを持っていなかったし、急いで部屋に戻りカメラを取って桂川へ、滅多に撮らない、人物を入れたスナップを撮りたくて、 でもそうゆう写真は不慣れで、あんまり間合いを詰められないままシャッターを切った、

のがこの一枚。なげーよ。

コメント

んー
写真撮りたくなってきたなぁ。

すごく、きれいな写真ですね。
ポストカードにできそうな。白黒写真なつかしいです。
友達が、写真部だったので、写真部じゃないのに、
写真部に侵入して、白黒フィルムを現像しました。
干したけど、水滴がついたりしていて、それもご愛嬌。

笑顔が素敵な人っていいですね。本人は気がつかなくても
まわりが元気になるような。

>まつ
撮れ!

>minaちゃん
コメントあんがと。こんなヘタクソな写真でも感想もらえると嬉しいね♪どうです、また白黒写真、はじめませんかぁ?

人を幸せに出来る笑顔パワーは、自分が幸せでないと出てきませんよね。あの人は最高に幸せだったんだろうなぁ。

コメントする