4月 172015
 

IMG_1575

基本的に各地をキャンプしながら走り回った今回の旅。
12泊13日の旅のうち、予定していた初日・最終日のホテルと民宿以外は、
雨に振られた一日を除いてキャンプを楽しむ事ができました(雨の一日は萩市のビジネスホテル)

上の写真は3日目、鳥取県の”平田森森林公園キャンプ場”
小さなキャンプ場でしたが、エクスプレスの横にテント設営できたのが嬉しかった!

DSC09972

順番が前後しますが、旅の初日は福知山市のアールイン福知山に宿泊。
このホテルの下にある、古い知人がやってるイタリアン「イル・プルチネッラ」で食事をしたくて宿泊。
福知山で自動車を営んでる別の古い知人吉良自動車さんも誘って、旅の初日は美味しいイタリアンの夕食会でした。
地元の食材を使ったイタリアンは美味しくて最高、しかも驚くほどリーズナブル(大丈夫?ってぐらい)
イル・プルチネッラさん、ホントに、掛け値なしホントに、オススメのお店ですよ~!

DSC00206

2日目、鳥取砂丘近くの”柳屋キャンプ場”
テントサイトが松林の中にある、無料のキャンプ場です。
近くに温泉もあって便利なので、鳥取砂丘観光のベースキャンプに最適ですね。

DSC00916

4日目、島根県の”櫛島(くしじま)キャンプ場”
温泉津温泉から車で10分のところにある、海の入江に整備されたキャンプ場です。
海が綺麗で夏場のキャンプも楽しそう。ちなみにここも無料です。

DSC01388

5日目は雨で萩市のビジネスホテルに宿泊。

6日目は山口県・角島の”角島キャンプ場”
海辺を望む、広々とした最高のロケーション! でしたが、上の写真は演出で…

着いてみると季節外でキャンプ場クローズ、そうでなくてもこの日はテント張るのが難しいほどの強風。
やむなくキャンプ場の入口近くで風の当たらない場所にテントを張って寝たのでした。
でもこのロケーションにテントを張った絵が欲しくて、翌朝、撮影のためわざわざテントを持っていったのが上の一枚(笑) この場所でキャンプ出来なかったのが残念でした。

DSC02175

DSC02181

7日目、山口県の”糸根地区公園キャンプ場”、真横が団地でロケーションいまいち…
到着も遅くて周囲が真っ暗だったので写真は無し。

8~9日目、広島県・江田島の”真道山森林公園キャンプ場”
車が横付けのオートサイトにレンガの焚き火台付き。
この旅で初めての有料キャンプ場でしたが、それでも一泊1200円と格安。
カゴいっぱいの薪が200円だったので、久しぶりに焚き火を眺めなら夜更かし。
呉で足止めされた事もあって2泊利用。この旅で一番居心地の良かったキャンプ場でした。

DSC02871

10~11日目、しまなみ海道・大三島の”多々羅大橋キャンプ場”
海辺のサイトなら展望よく多々羅大橋も見えるのですが、荷物を運ぶのが面倒で橋の下にテント設営。
旅も終盤になり、キャンプのズボラ度がピークに達した頃合いです(笑)

現地に着いて気付きましたが、以前バイクツーリングで泊まった事のあるキャンプ場でした。
古い日記を見てみると2006年8月の旅なので、約10年ぶりの再訪です。
ちなみにその時のテントも同じMoonlight I型、ということはこのテントを10年以上使ってるんですね。
まだ水漏れの気配もありませんから、さすがモンベルさん、大変丈夫なテントです。

DSC03444

12日目、旅の最終夜は大三島の民宿”ふるさと憩いの家” に宿泊。
写真を見て「木造の、古いアレっぽい建物だな~」思われた方がいるんじゃ無いでしょうか?

DSC03343

DSC03344

DSC03351

その印象は正解! 小学校の古い木造校舎をそのまま利用した民宿なのでした。
ここもecoちゃんに教えてもらい、旅のシメに宿泊です。
温暖な瀬戸内らしく、開放的な作りが楽しい校舎ですね~。

IMG_1809

泊まったお部屋は「保健室」
中で保健の先生が待っているとか、ベッドが保健室のアレだとか、想像された方がいるんじゃ無いでしょうか?
って、そんな事はありません。部屋は普通のタタミ敷きにリフォームされていますから~。


4月 152015
 

DSC00122

旅を振り返ってみると、山陰地方には鉄道関係の見所が沢山ありました。

まずは余部橋梁。
谷を渡る線路はコンクリ製に架け替えられていましたが、赤い鉄橋の一部が史跡として残され観光スポットに。

DSC00067

DSC00083

橋の下から10分ほど登った橋梁の上には余部駅。
偶然、1時間に1本の列車に遭遇です。
乗車客のみなさん、どこからココへやってきたのでしょうか? 気になります。

DSC00535

DSC00526

出雲大社へ向かう途中で見つけた一畑電鉄、一畑口駅。
ボロ…枯れた風情のある列車に痺れます。

通称”バタデン”と呼ばれる一畑電鉄は、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語り」のロケ地、と言うことを駅舎のポスターで知ります。
旅から戻ってすぐにDVDを借りて映画鑑賞…中井貴一かっこいい!

DSC00606

その映画、RAILWAYSで中井貴一が走らせていた日本最古の木造電車、デニハ52。
一畑電鉄の出雲大社前駅に展示されていました。

DSC00608

DSC00610

自由に乗車して見学OK。
ドアの開け閉めのガタピシ音、車内の木の香り、めちゃシンプルな運転席の佇まい、素敵です。
これが約20年前まで運行していなんて…乗車してみたかった!

DSC00747

DSC00801

出雲大社からやや離れた所にあった、旧大社駅の駅舎。
廃線になったJR大社線の終着駅で、大正時代に建てられた和風の木造駅舎は重要文化財に。
広い駅舎の隅に立って、多くの人がここを行き交った風景を想像してみます。

−−−

下調べせず見つけた場所なので、この他にも見逃しているスポットが沢山あったに違いありません。
また山陰地方へ旅をする機会があれば、次は乗り鉄で巡ってみるのも楽しそうです。


4月 142015
 

DSC03186

今回の旅でやりたかったことの一つが、しまなみ海道を自転車で走ること。
BD-1で今治から尾道へと、島々にかけられた橋を渡ってサイクリングしたい!

と思っていたのですが、今回は大三島から今治まで、全ルートの半分だけのサイクリングに。
ここへ至るまでの旅をノンビリしすぎたせいで全ルートを走破する時間が足りなくなり…。
無計画な旅でしたから仕方ありませんね。

ということで、大三島・多々羅大橋の道の駅にエクスプレスを置いて今治方面へ走ります。

DSC03266

DSC03194

絶好のサイクリング日和。

多々羅大橋を出発し、大三島橋を渡って伯方島へ。
さらに大島大橋で大島へ渡り、最後に来島海峡大橋を渡って愛媛県・今治市へ。
約35Kmほどのショートサイクリングでしたが、

めちゃ気持ち良かった~…気持ち良かった~…良かった~…

しまなみ海道はサイクリング天国、本当にその通りでした。

DSC03283

 

DSC02917

島々にかけれた橋を自転車で渡るのはもちろん、大三島・伯方島・大島の島内も綺麗な景色が沢山。
延々と走っていても飽きない!

道のあちこちに休憩所が設定され、空気入れの無料貸出しやサイクルスタンドの用意など、サイクリストに嬉しいホスピタリティに溢れているのも嬉しいですね。

DSC03250

途中の道の駅にはタイヤチューブの自動販売機まで!
さすがにミニベロBD-1用のサイズはありませんでしたが、ロード・MTB系の人なら助かりますね。

DSC03308

DSC03316

サンライズ糸山のサイクリングターミナルで休憩して今治駅まで。
今回のしまなみ海道サイクリングはここで終了、バスで輪行して大三島へ戻ります。


4月 092015
 

DSC02916

旅の終盤はしまなみ海道へ。
以前、尾道~今治の島々はバイクで巡ったことがあるので、今回は大三島をゆっくり見て周ります。

まず、ecoちゃんに教えてもらった伊藤豊雄建築ミュージアムへ。

DSC02938

山肌を舐める雲の影、潮の流れ、ポンポンと音を立てて進む小さな漁船…
ここに座って瀬戸内らしい風景を眺めていたら、小一時間ほどぼーっとしてしまいました。
贅沢な時間、良かった~

DSC02992

DSC03051

伊予国一宮・大山祇神社(おおやまづみ神社)へ。
鳥居をくぐると樹齢2600年(!)とも言われる大楠が出迎え、

DSC03042

その奥の宝物館には、国宝の刀や甲冑が何十点も展示(写真撮影NGでした)
平安時代、源義経が奉納した薙刀だとか、ホント? とか言いたくなるけど、
言い伝えとかではなくしっかり奉納記録が残っている。
特に甲冑は国宝・重文のほとんどがここにあるとか…すごい宝物館です。
しまなみ海道に行ってここを通り過ぎるのは勿体無いかも。

DSC03164

さらに大三島からフェリーに乗って「大久野島」へ。

DSC03160 のコピー

お出迎えしてくれる島民のジャンパーには”うさぎんちゅ”

IMG_1771

大久野島では無数の野ウサギが我が物顔で草を食む…
写真はほんの一部で、どこを歩いても全方位ウサギだらけの島。
これでも季節的に数が少ない方だとか。

DSC03094

DSC03113

しゃがむとエサを貰えるかと足に登ってくる…可愛い。

IMG_1765

何故か延々とヒモを噛じる仔ウサギ…可愛い。

DSC03103

こんな風に今ではウサギの楽園となった大久野島ですが、
戦時中は毒ガス製造施設が置かれたことで「地図から消された島」だった暗い過去も。
大久野島へ行かれたら、是非こちらも立ち寄ってみましょう。
資料館で悲しい歴史に触れて気持ちが沈んでも、すぐにウサギが癒してくれますからご安心を。


4月 072015
 

DSC02201

その日、見当を付けた野営地へ向かう途中で通り過ぎた広島県・呉市、
街中に入るといきなり目に飛び込んできたのが、上の巨大な潜水艦…なんじゃぁ?
気になりつつもその場は時間の都合で通り過ぎ、その夜キャンプしながら調べてみると、
アレは海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」で、本物の潜水艦で、中にも入れるらしい…
その真向かいには大和ミュージアムもある、他にも面白そうな施設がいくつか…

これを見ずに通り過ぎのは惜しすぎる!
ということでその翌日、また呉に戻りあちこちを見学して回ることに。

DSC02242

DSC02244

まず明治時代建造の旧帝国海軍 呉鎮守府庁舎の見学へ。
現在も海上自衛隊の庁舎として使われていて、たまたま一般公開の日に訪れました。
ナイスタイミング!

DSC02301

これもタイミング良く一般公開していた艦艇の乗船見学へ。
練習艦「かしま」と言うそうで、呉に停泊しているのは珍しい事だとか(広報・談)

DSC02406

そして「てつのくじら館」
ショッピングモールの真横に巨大な潜水艦という、シュールな光景を眺めなから船内へ、

DSC02433

本物の潜望鏡! ちゃんと外の様子を見ることができました。眺めると妙にワクワクする~。
カメラ好きには旧ロゴの”Nikon”の刻印もニヤリさせます。

DSC02426

操舵桿と計器たち。これを見ながら海の中を潜行して行くんですね。
妙にわくわくする~!

DSC02453

最後に大和ミュージアムへ。入口には1/10の精巧な模型がどーん。
中には戦艦大和の建造の経緯から沈没に至るまで、戦争の歴史とともに詳細に展示されています。
興味深く、ゆっくり時間をかけて見学、やや疲れ気味で出口へ向かうと、

DSC02474

ゼロ戦…え? レプリカじゃなくて、本物? え?

DSC02465

星形エンジンも、ゼロ戦の? え?
大和ミュージアムにゼロ戦が置かれているのは一般常識なのですか?
僕、知りませんでした…。

間近で本物を見たのは初めて。星形エンジンの造型もかっこいい~。
潜水艦きっかけで呉にUターンしたら、思いがけずゼロ戦まで見れてラッキーでした。


4月 052015
 

DSC01935

無計画で訪れた印象的な場所、その2。

宮島、厳島神社の近くにある「千畳敷
徳川家康が建造を命じたものの完成前に家康が死去したため、未完成のまま今に至るという、珍しい寺社でした。

DSC01939

DSC01963

未完成なので、普通なら天井板で覆われてしまう屋根組などが丸見え、古い木造建築が好きな人なら興味津々なこと間違いなし!
「どーせ屋根板に隠れて見えなくなるし~」とか、職人さんが書いたものなのでしょうか、あちこちの柱に書き残された墨書きも興味深い。

賑やかな厳島神社に比べてあまり訪れる人がおらず、静かな雰囲気なのも良し。
厳島神社へ行くなら、ぜひこちらにも立ち寄って欲しいスポットです。

DSC02568

広島県、安芸のとび島・大崎下島にある「御手洗町並み保存地区
江戸時代の建物や町並みがそのまま残された、古い港町。

予備知識ゼロ、まったく予想外で入り込んでびっくり。
フェリー乗り場へ向かってのどかな漁村を走っていたら、いきなり町並みが江戸時代ですから。
そのまま通り過ぎる事ができず、周囲の散策で半日ほど足止めです。

DSC02596

DSC02552

むかし遊郭だった建物が歴史資料館として無料開放されていたり、
伊能忠敬にまつわる貴重な絵図が割と無造作に展示されていたり、
なんとも素朴な雰囲気が楽しくて長居してしまいました。

愛媛県・今治港からフェリーを使うと小一時間で行けますので、しまなみ海道観光の旅程に組入れる事も可能。オススメのスポットです。

まだ続きます。


4月 032015
 

DSC00923

前回のエントリーに書いた名所・史跡を巡る以外の訪問先はノープラン、
どこへ向かうかはツーリングマップルを見ながら前日の夜に決める。

そんな旅でしたが、毎日のように印象的な場所や風景に出会いました。
その一つ一つを書いていったらキリが無いので、写真中心に駆け足でエントリーしていきます。

DSC00870

DSC00874

石見銀山に近いキャンプ場へ向かう途中で立ち寄った「温泉津(ゆのつ)温泉」
古い木造旅館が立ち並ぶ小さな温泉街は、本当にこの一帯だけ時間が止まったかのよう。
島根県の滞在を一日伸ばしてこの温泉街に泊まっていこうか、かなり真剣に悩みました…
またいつか訪れてみたい温泉街です。

DSC01241

DSC01249

山口県・萩市の「明倫館」
正式には旧明倫小学校本館で、小学校として昨年まで使われていた(!!) 古い木造校舎。
僕が通った小学校もこんな雰囲気の木造校舎だったので、なんとも懐かしい雰囲気でした。
実際にココへ通っていた地元の方との立ち話で、
「雑巾がけ競争で木のササクレが手に刺さって流血する子供が毎年あらわれる」
なんて木造廊下掃除のありある話しで盛り上がったり(笑)

DSC01223

萩市は大河ドラマ「花燃ゆ」で盛り上がっている事を、現地で知りました。
ドラマは見てないのですが、主人公の井上真央が可愛いので大河ドラマ館にも寄ってみました。
写真と映像でしかお会いできませんでしたが、やっぱりそれでも可愛いかったです。

DSC01644

この旅は最西端の到達でピークを迎え…はウソで、たまたま看板を見てハンドルを切りました。
日本じゃなくて「本州の」最西端、微妙な先っちょ感なので、記念碑も控えめです。

(続く)


3月 302015
 

DSC00669

行き当たりばったりの旅とはいえ、必ず寄ろうと決めていた場所がありました。
いづれも訪れた事が無い定番の名所・史跡、この機会に一気に巡ってしまいます。

まず、出雲大社。とてもわかり易い観光写真ですね。
縁結びの神様ということで「強くお祈り」いたしましたが、
残念ながら旅の間にご利益は現れませんでした。

効き目はもう少し後から現れる…と信じております。

DSC00984

DSC01135

世界遺産「石見銀山」

採掘坑道の跡「間歩(まぶ)」を歩き抜け、大盛の古い町並みをBD-1で一巡り。
平日朝の訪問で観光客も少なく、静かな雰囲気を味わえました。

DSC00975

歩き抜けた間歩の所々、大人が入れないほど細い坑道の跡があるのですが、
これは後年に子供が忍び込んで小遣い稼ぎで掘った跡じゃないか、と言われてるそうです。
逞しい子供たち!

DSC01555

DSC01570

日本最大の鍾乳洞「秋芳洞」

ただただ圧巻。よく崩壊せずにこの大きさが保たれたものだと思います。

中に入って、照明の進化で秋芳洞の風景も時代毎に変化してきた事に気づきます。
現代はLEDの白くクリアに見える秋芳洞の時代。
以前には白熱灯のオレンジ色に照らされた秋芳洞の時代もあったことでしょう。

今みたいに明るく照らされる前、
淡い火の灯りだけの秋芳洞はどんな雰囲気だったのでしょうね~。

DSC01840

DSC01880

「厳島神社」

This is JAPAN! それ以上、何も言うことが思い付きません。

DSC01920

これまでに8回建てなおされれという大鳥居(現在のは明治時代のも)
真横から撮るとこんな感じでした。だからどうしたと言われそうですが。

行くつもりで事前に情報を調べて訪れる場所は、
得ていた情報を体験と経験に変えために訪れるとも言えますね。
脳内の情報を上塗りする感じ?

しかし旅の醍醐味は予想外の出来事にあり!
次は行き当たりばったりで訪れて印象に残った場所を書いていきましょう。


3月 272015
 

DSC02143

DSC02144

ということで、無事に長旅から戻ってまいりました。

遊び道具を片付けて、大量に撮った写真を整理しながら、余韻に浸っております。

とりあえずいちばん印象に残った場所の写真を2枚だけ。

夕暮れ近く、広島の江田島で偶然入った施設「夢来来(ゆめきらい)」

ここの岬の先端に作られたデッキスペースで、海を眺めながらコーヒーを飲んだ時間が忘れられません。

偶然見つけたという出会いも含めて、最高の想い出です。

どこを巡ったのか、ひとまず道中の旅メモを貼っておきます。

旅の記録は追々エントリーしていこうと思いますが、

日々を追うと冗長なので、別の切り口でエントリーできないか思案中、、、

(旅メモ)

14日(土)、往路、京都経由で福知山:吉良自動車訪問、トラットリア・プルチネッラで食事、アールイン福知山泊

15日(日)、京都~鳥取:城崎温泉、余部鉄橋、岩井温泉、鳥取砂丘、柳屋キャンプ場

16日(月)、鳥取~島根:大山@雪で通行止め、御来屋でもさエビ、清水寺、足立美術館、カフェロッソ、ベタ踏み坂、松江通過、平田森林公園キャンプ場

17日(火)、島根:一畑電車、出雲大社、琴ヶ浜の鳴き砂、温泉津温泉@薬師湯メチャ良い!、櫛島キャンプ場

18日(水)、島根~山口:石見銀山、温泉津温泉再訪、エクスプレス脱輪でレスキュー呼んだ、萩市へ、元日活役者の居酒屋、雨でホテルオレンジ泊

19日(木)、山口:萩市観光、花燃ゆ記念館、明倫館の古い木造校舎、松下村塾、湯元市民温泉、西長門リゾートで風呂、角島キャンプ場

20日(金)、山口・一瞬福岡:秋芳洞、カルスト台地、棚田温泉、瓦そば、本州最西端、関門トンネルで門司、みちしおで貝汁、糸根地区公園キャンプ場

21日(土)、山口~広島:宮島、千畳敷良かった!、和田であなごめし、江田島のカフェ、真道山森林公園キャンプ場

22日(日)、広島:呉鎮守府、肉じゃが発祥の店、海軍さんのコーヒー、かしま 演習艦乗船、てつのくじら館、大和ミュージアムで零戦!、真道山森林公園キャンプ場

23日(月)、広島~愛媛:安芸のとびしま、御手洗景観保全地区、ナガタニ展望台、岡村港からフェリーで今治、しまなみ海道渡って多々羅大橋キャンプ場

24日(火)、愛媛:伊藤豊雄ミュージアム、ところミュージアム、大山祇神社@国宝重要文化財、大久野島ウサギ楽園、マーレグラッシア大三島で風呂、多々羅大橋キャンプ場

25日(水)、愛媛:多々羅道の駅に車置いて今治までチャリ、今治で焼豚玉子飯、バスで輪行、大三島ふるさと憩いの宿泊

26日(木)、愛媛~香川~大阪、帰路:香川で高速降りて谷川米穀店でうどん、大阪で高速降りて新世界じゃんじゃん横丁で串カツ、延々走って深夜に帰宅


3月 142015
 

IMG_1543

遊び道具満載!

実にエクスプレスらしい風景です。

ということで、しばらくコイツで旅に出てきます。

あえてオフラインな日々を過ごそうと思いますので、blog更新は中断です。

道中無事でありますように。

行ってきま~す!