4月 172015
 

IMG_1575

基本的に各地をキャンプしながら走り回った今回の旅。
12泊13日の旅のうち、予定していた初日・最終日のホテルと民宿以外は、
雨に振られた一日を除いてキャンプを楽しむ事ができました(雨の一日は萩市のビジネスホテル)

上の写真は3日目、鳥取県の”平田森森林公園キャンプ場”
小さなキャンプ場でしたが、エクスプレスの横にテント設営できたのが嬉しかった!

DSC09972

順番が前後しますが、旅の初日は福知山市のアールイン福知山に宿泊。
このホテルの下にある、古い知人がやってるイタリアン「イル・プルチネッラ」で食事をしたくて宿泊。
福知山で自動車を営んでる別の古い知人吉良自動車さんも誘って、旅の初日は美味しいイタリアンの夕食会でした。
地元の食材を使ったイタリアンは美味しくて最高、しかも驚くほどリーズナブル(大丈夫?ってぐらい)
イル・プルチネッラさん、ホントに、掛け値なしホントに、オススメのお店ですよ~!

DSC00206

2日目、鳥取砂丘近くの”柳屋キャンプ場”
テントサイトが松林の中にある、無料のキャンプ場です。
近くに温泉もあって便利なので、鳥取砂丘観光のベースキャンプに最適ですね。

DSC00916

4日目、島根県の”櫛島(くしじま)キャンプ場”
温泉津温泉から車で10分のところにある、海の入江に整備されたキャンプ場です。
海が綺麗で夏場のキャンプも楽しそう。ちなみにここも無料です。

DSC01388

5日目は雨で萩市のビジネスホテルに宿泊。

6日目は山口県・角島の”角島キャンプ場”
海辺を望む、広々とした最高のロケーション! でしたが、上の写真は演出で…

着いてみると季節外でキャンプ場クローズ、そうでなくてもこの日はテント張るのが難しいほどの強風。
やむなくキャンプ場の入口近くで風の当たらない場所にテントを張って寝たのでした。
でもこのロケーションにテントを張った絵が欲しくて、翌朝、撮影のためわざわざテントを持っていったのが上の一枚(笑) この場所でキャンプ出来なかったのが残念でした。

DSC02175

DSC02181

7日目、山口県の”糸根地区公園キャンプ場”、真横が団地でロケーションいまいち…
到着も遅くて周囲が真っ暗だったので写真は無し。

8~9日目、広島県・江田島の”真道山森林公園キャンプ場”
車が横付けのオートサイトにレンガの焚き火台付き。
この旅で初めての有料キャンプ場でしたが、それでも一泊1200円と格安。
カゴいっぱいの薪が200円だったので、久しぶりに焚き火を眺めなら夜更かし。
呉で足止めされた事もあって2泊利用。この旅で一番居心地の良かったキャンプ場でした。

DSC02871

10~11日目、しまなみ海道・大三島の”多々羅大橋キャンプ場”
海辺のサイトなら展望よく多々羅大橋も見えるのですが、荷物を運ぶのが面倒で橋の下にテント設営。
旅も終盤になり、キャンプのズボラ度がピークに達した頃合いです(笑)

現地に着いて気付きましたが、以前バイクツーリングで泊まった事のあるキャンプ場でした。
古い日記を見てみると2006年8月の旅なので、約10年ぶりの再訪です。
ちなみにその時のテントも同じMoonlight I型、ということはこのテントを10年以上使ってるんですね。
まだ水漏れの気配もありませんから、さすがモンベルさん、大変丈夫なテントです。

DSC03444

12日目、旅の最終夜は大三島の民宿”ふるさと憩いの家” に宿泊。
写真を見て「木造の、古いアレっぽい建物だな~」思われた方がいるんじゃ無いでしょうか?

DSC03343

DSC03344

DSC03351

その印象は正解! 小学校の古い木造校舎をそのまま利用した民宿なのでした。
ここもecoちゃんに教えてもらい、旅のシメに宿泊です。
温暖な瀬戸内らしく、開放的な作りが楽しい校舎ですね~。

IMG_1809

泊まったお部屋は「保健室」
中で保健の先生が待っているとか、ベッドが保健室のアレだとか、想像された方がいるんじゃ無いでしょうか?
って、そんな事はありません。部屋は普通のタタミ敷きにリフォームされていますから~。


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)