4月 152015
 

DSC00122

旅を振り返ってみると、山陰地方には鉄道関係の見所が沢山ありました。

まずは余部橋梁。
谷を渡る線路はコンクリ製に架け替えられていましたが、赤い鉄橋の一部が史跡として残され観光スポットに。

DSC00067

DSC00083

橋の下から10分ほど登った橋梁の上には余部駅。
偶然、1時間に1本の列車に遭遇です。
乗車客のみなさん、どこからココへやってきたのでしょうか? 気になります。

DSC00535

DSC00526

出雲大社へ向かう途中で見つけた一畑電鉄、一畑口駅。
ボロ…枯れた風情のある列車に痺れます。

通称”バタデン”と呼ばれる一畑電鉄は、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語り」のロケ地、と言うことを駅舎のポスターで知ります。
旅から戻ってすぐにDVDを借りて映画鑑賞…中井貴一かっこいい!

DSC00606

その映画、RAILWAYSで中井貴一が走らせていた日本最古の木造電車、デニハ52。
一畑電鉄の出雲大社前駅に展示されていました。

DSC00608

DSC00610

自由に乗車して見学OK。
ドアの開け閉めのガタピシ音、車内の木の香り、めちゃシンプルな運転席の佇まい、素敵です。
これが約20年前まで運行していなんて…乗車してみたかった!

DSC00747

DSC00801

出雲大社からやや離れた所にあった、旧大社駅の駅舎。
廃線になったJR大社線の終着駅で、大正時代に建てられた和風の木造駅舎は重要文化財に。
広い駅舎の隅に立って、多くの人がここを行き交った風景を想像してみます。

−−−

下調べせず見つけた場所なので、この他にも見逃しているスポットが沢山あったに違いありません。
また山陰地方へ旅をする機会があれば、次は乗り鉄で巡ってみるのも楽しそうです。


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)