10月 092014
 

DSCN3448

一夜開けてTRIC当日。

富士山がくっきり見える、快晴のイーハトーブの森

DSCN3454

DSCN3456

DSCN3442

朝から続々とエントリー車が集まってきます。

ダウンフェンダーがカッコいい、国内・国外の古いトラ車たち、

特に古い英車は、トレイルの延長でトライアル競技が行われてた時代の雰囲気が最高ですね〜。

初開催にも関わらず44台のエントリー、関西から亀岡トライアルランドのMさんも遠征されてきましたヨ。

DSCN3445

DSCN3459

開会式・ルール説明のあと、いよいよ競技開始。

トライアル競技というと、フロントを上げて垂直の壁を登ってしまうような曲芸がイメージされますよね?

そうです、もちろん僕らもそんな垂直の壁に果敢にアタッーク!!

DSCN3473

な〜んて厳しいセクションが初心者向けのTRICに設定されるわけもなく、

斜面に引かれたテープの中をゆっくり走るだけの、基本的に誰でも危なげなく走れるコース設定。

DSCN3476

しかしこれが走ってみると「なんで?」と思えるほど、意外と難しい。

ルートを外れると失格、足を着くと減点、エンストも減点という制限の緊張感。

気を抜くと、何も難しくない場所で おっとっと と足を着いたり、コースアウトしたり。

ACTSと別の種類のアドレナリンが湧いてきます。

DSCN3481

TRIC特別ルールで、セクション内に設定された、やや難しいコースをクリアするとポイント・アップというゲーム性も。

これはTRICに男気を試されている!

で、チャレンジして、失敗して、結局足を着いて減点くらうとか、本末転倒な結果がほとんど(笑)

DSCN3488

午前・午後で合計8セクションを3回づつチャレンジと、かなり走り応えたっぷり。

順位はクラス22台中7位という結果でした。

トライアル初挑戦、ポイントアップにチャレンジして失敗したわりには上々の成績です。

ちなみにオンエニ部の最上位はA嬢の6位でした。

クレバーな走りですね〜。

参加するまでどんな雰囲気かドキドキのTRICでしたが、想像以上にノンビリとしたイベントでした。

イーハトーブの森のロケもいい、ACTSよりゆる〜い感じ、前日からのキャンプを楽しめるのも最高!

年間のイベントスケジュール入り決定ですね。

次回は来年かな〜、今から楽しみです。


  2 Responses to “0921 TRIC TRial in Classic meeting~後編~”

  1. 羨ましすぎっす〜

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)