3月 272014
 

RIMG0131

まだまだACTSで仕入れた筋肉痛と打撲の余韻が残る今日このごろ。

さて、昨年7月以来のドロンコ遊びを楽しんだオンエニ部の面々について少しだけ。

No624 K師匠のTS250はこの日のために細部を仕上げてお披露目。ゼッケンのフォントや、同色のパーカーのスタイルがアメリカンライダーみたいで雰囲気バッチリでした。

No636 イッチーさんのDT250も今回がデビュー戦。DT250の調子はイマイチだったみたいですが、

RIMG0148

そのおかげで表彰式でお呼ばれされるというサプライズ。

スタートラインに並んでから、調子の悪いDTをチェックしている間にレースが始まってしまい、「あああっ!」と慌ててた様子をイジられての表彰です(笑)

イッチーさん、次はスターターの人から目を離さないようにしましょうね〜。

RIMG0033 のコピー

No585 今回も自走で参加の鉄人ボル爺とXT250。

最終ヒートで大転倒したらしく、それでも満身創痍のまま自走で帰路についたとか…ガッツすぎます。

でも次からは無理せず、XTもトランポで運びましょう〜。

RIMG0067

モトクロス経験のあるSさん、耐久にだけ出走の予定でしたが、急遽ボルXTを借りて当日エントリー。

会場に着いたら血が騒いでしまったのでしょうか。

カブクロスでの出走と合わせて、この日オンエニ部の中で一番長くコース上にいたのはSさんかもしれません。

この調子で夏の耐久も沢山走ってもらいましょうかね〜。

写真を撮り忘れたけど、練習会で骨折して昨年の4時間耐久に出走できなかったぐっさん、この日ようやくカブクロス号でモトクロスデビュー!

…したら、またコケて同じ場所を強打したとか。

幸い骨折では無かったみたいだけど、気をつけましょうね〜。

とまぁ、各自それぞれのスタイルで大地と対話 したオンエニ部の面々でした。


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)