8月 272013
 

DSC03787

「まつりつくば2013」でねぶたを見学した翌日、栃木県の大谷資料館の見学へ。

昭和初期からこの地域一体で採掘されている大谷石、これの採掘場跡に潜り込みます。

DSC03798

DSC03803

入場料600円を払って資料館へ、そこから地下へ降りる通路を下っていくと、

大谷石を採掘した跡に残った広大な地下空間が広がっています。

DSC03993

DSC03944

山の中に人間が作った巨大な地下空間。

この空間に詰まっていた大谷石を長年かけて人間が切り出したのかと思うと、その膨大な労力を想像して頭がクラクラしてきます。

人力の露天掘りから始まり、採掘技術の発達と機械化により奥へ深くへと掘り進んだようです。

ちなみに公開しているのは採掘跡の一部のみ、この奥にはさらに何倍もの広さの空間が広がっているとか…ひえ~。

公開されていない、手付かずの採掘場跡も見てみたいものです。

DSC03833

DSC03907

DSC04108

何処を撮っても幻想的な写真が撮れてしまう大谷CAVE。

坑内の所々に大谷石のオブジェも置かれていましたが、正直なところあまり存在感がありませんでした。

そもそも、この空間が一つの巨大なオブジェみたいなものですから、依頼された彫刻家の方も可哀想ですよね(苦笑)

淡いライトアップと切り出された石の跡の質感と巨大な空間、これだけでアートですもの。

DSC04102

ちなみに坑内の温度は12度。外の気温は30度近かったので真夏の納涼体験。

しかし涼しくて気持ちよかったのは最初だけ、長時間中で撮影していたら体の芯まで冷えました…

夏場に行かれる方も、長袖の服を持っていった方が正解です。

DSC03926

あと、綺麗な写真を撮りたいなら三脚必須です。

もちろん僕も綺麗に撮る気まんまんで三脚を持参!!

でしたが、2カットを撮ったところでK君に奪い取られました…とほほ。

良い写真が撮れたのでしょうか、楽しみです。


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)