4月 142015
 

DSC03186

今回の旅でやりたかったことの一つが、しまなみ海道を自転車で走ること。
BD-1で今治から尾道へと、島々にかけられた橋を渡ってサイクリングしたい!

と思っていたのですが、今回は大三島から今治まで、全ルートの半分だけのサイクリングに。
ここへ至るまでの旅をノンビリしすぎたせいで全ルートを走破する時間が足りなくなり…。
無計画な旅でしたから仕方ありませんね。

ということで、大三島・多々羅大橋の道の駅にエクスプレスを置いて今治方面へ走ります。

DSC03266

DSC03194

絶好のサイクリング日和。

多々羅大橋を出発し、大三島橋を渡って伯方島へ。
さらに大島大橋で大島へ渡り、最後に来島海峡大橋を渡って愛媛県・今治市へ。
約35Kmほどのショートサイクリングでしたが、

めちゃ気持ち良かった~…気持ち良かった~…良かった~…

しまなみ海道はサイクリング天国、本当にその通りでした。

DSC03283

 

DSC02917

島々にかけれた橋を自転車で渡るのはもちろん、大三島・伯方島・大島の島内も綺麗な景色が沢山。
延々と走っていても飽きない!

道のあちこちに休憩所が設定され、空気入れの無料貸出しやサイクルスタンドの用意など、サイクリストに嬉しいホスピタリティに溢れているのも嬉しいですね。

DSC03250

途中の道の駅にはタイヤチューブの自動販売機まで!
さすがにミニベロBD-1用のサイズはありませんでしたが、ロード・MTB系の人なら助かりますね。

DSC03308

DSC03316

サンライズ糸山のサイクリングターミナルで休憩して今治駅まで。
今回のしまなみ海道サイクリングはここで終了、バスで輪行して大三島へ戻ります。


11月 142014
 

DSC09214

いつもの遊び仲間を地元へお呼びして、鎌倉界隈を自転車で巡るポタリング企画を開催。

集まったのはボル爺ぐっさんeco嬢の3名。

普段、適当にフラフラと走り回ってるルートに、自分自身が行ってみたかったお店を織り交ぜてガイドいたします。

DSC09197

まずは地元から北鎌倉へ。

車通りの多い鎌倉街道を避けて裏道へ、素掘りのトンネルを抜けるルートを走り、

DSC09208

前々から気になってはいたものの、

オッサン一人では入りづらかった古民家カフェで早めのランチ。

想像通り、たいへん雰囲気の良いお店でした。

DSC09220

ランチのあと、切通しの山道を越えて鎌倉の中心部へ。

北鎌倉から鎌倉へ向かうためには、どうしても一山越えなければなりません。

DSC09232

山を越え、鶴岡八幡宮を通りすぎて湘南の海へ。

由比ヶ浜、材木座の海岸でマリンスポーツを楽しむ人達を眺め、

来年はスタンドアップ・パドルサーフィンにチャレンジするぞ! 誓ったオッサン達。

ぜひ実現させましょう。

DSC09257

また鎌倉方面へ戻り、何故かお寺の中にあるカフェ「石窯テラス」でティータイム。

ここもオッサン一人で入りづらかったお店。

雰囲気重視なお店にありがちな”やっつけメニュー”ではなく、手作りのケーキやスコーンを出す、良いお店でした。

ここもお気に入りリストに入れておきましょう。

DSC09264

古い洋館とか、パン屋とか、コーヒー屋とか、他にも案内したいスポットがありましたが、

ノンビリ走ってたら夕暮れ間際に。

これらは次回のポタ企画に持ち越して、この日もう一つのイベントへ向けて、移動を開始です。

(続く)


4月 302014
 

DSC08334

土曜日、またBD-1を抱えて小湊鉄道へ。

DSC08218

DSC08227

飯給(いたぶ)駅で降り、月崎駅へ向かう途中にある荒々しい手掘りのトンネルを走ったり、

朝から小湊沿線をペダリングした後、上総牛久駅へ。

DSC08357

実は今回の小湊再訪の目的はサイクリングでなく、この列車に乗るため。

12:39発、上総牛久駅~養老渓谷駅を走る貸し切り列車「指輪ホテル列車」に乗車、

走る列車の車内・外の風景を舞台にした演劇「指輪ホテル/あんなに愛しあったのに~中房総小湊鉄道編」を観劇です。

こんな舞台を見れる機会も滅多に無いでしょうから、先週のうちにチケットを予約していたのでした。

そして今週もecoさんにもお付き合い頂き(ありがとう!)、現地合流して一緒の列車に揺られます。

DSC08356

指輪ホテル列車に乗車前のホーム…既に舞台は始まっています…が、写真はここまで。

演劇の内容については、文章で上手く伝えられる自信が無いので割愛しますが(文才がね…)

物語りと連動して各駅の車窓から見える風景が舞台になったり、

途中の暗いトンネルが場面の暗転に使われたり、

停車駅が演者の登場・退場のシーンと連動したり、

走る列車が舞台ならではの演出が随所にあって面白かった!

ラストシーンが印象的だったこともお伝えしておきます。

この「指輪ホテル」、残りの公演はGW期間の5/3,4,5,6と、5/11,12のみ(4/30時点)

体験してみたい方はお見逃し無いように! 遠征する価値あると思いますよ~♪


4月 202014
 

DSC07924

ecoさんのblogで教えてもらった「ICHIHARA ART ☓ MIX

なるほど小湊鉄道の沿線にアート作品が点在ですか。それは輪行にピッタリでしょう!

と言う事で、BD-1を担いで行ってまいりました。

地元民で、イベントのボランティアもしているecoさんとも合流して、一日あちこち案内してもらいます。

DSC07945

趣きのある駅舎を各駅でのんびり進む小湊鉄道に乗り、最初の下車は高滝駅。

そこから自転車で10分ほどにある「市原湖畔美術館」を見学して、

DSC07994

市原湖畔美術館から自転車でさらに10分ほど、湖面にぽつり浮かぶ「湖の飛行機」へ

機内に人影が見えますが、

DSC08035

飛行機にはみずから手漕ぎボートで搭乗です。割とガチのアクティビティ。

そしてなぜ湖面に飛行機なのか?

機内の作品の作家さんが待機していますので、理由を聞いてみると面白いですよ。

飛行機から脱出? したあと、市原美術館から周回バスにのって「月出工舎」へ。

DSC08049

ここへ来た目的は石窯で1時間かけて焼いた焼き芋「やきいも日和」、ゲージュツより食い気です。

誰かが”飲む焼き芋”と称しているそうですが、トロトロで啜るように食べられる焼き芋でした。

美味!

DSC08124

お芋を食べたら、またバスを乗継ぎ「旧里見小学校」へ。

校長室をそのまま凍結させたアート作品を体感。

割とガチの冷凍庫、1回2分までの入場制限付きも納得です。

他のアート作品もひと通り見学したら、

DSC08140

DSC08153

またバスに乗って「飯給(いたぶ)」駅へ。

撮影スポットで有名な駅らしいのですが、むかーし偶然見つけて立ち寄ったことのある駅でした。

その当時は無かったはずの、菜の花に囲まれたえらく開放的なトイレもアート作品。

ほどなくやってきた小湊鉄道に乗り、高滝駅まで戻ってまた「市原湖畔美術館」へ

DSC08169

そこから自転車で15分ほど、チェンソーアート世界チャンピオン(!)の作品を見学に。

これがこの日一番感動した作品でした。

DSC08187

この木のチェーン、切って繋げたんじゃなくて、木からチェーンソーで削りだして繋がってるんです。

ちゃんと動くし、どうやって削ってるの?

それだけでも大概なんですが、

DSC08189

このチェーン…写真の右の木に注目。地面から生えてますよね?

そう、地面から生えていた1本の木を削って作ってる…すなわち一発勝負。

すごい技術〜。

これはもう、作品よりも世界チャンピオンの技そのものがアートですね。

DSC08112

施設を巡って切欠き入れてもらったOne-dayチケット。

ecoさん、一日お付き合いありがとうございました。

しかし朝からecoさんガイドのおかげで効率的に巡れたはずですが、一日ではぜんぜん時間が足りませんね。

イベントの開催期間は5/11まで、残りの切欠きを入れてもらいに、残りの施設にも行ってみようかな〜。


4月 092014
 

DSC07820

またタイヤの付いた乗り物を増やしてしまいました。

長いこと自転車のペダルを踏んでおらず、基礎代謝の劣化を感じていた昨今。

放置状態の自転車を整備してまた走りだそうかと、

パーツ探しのため自転車関係のWebを徘徊したのがマズかった。

折り畳み自転車の名車「BD-1」が、初代フレームの形状で「BD-1 Classic」として再販された事を知り。

しかも昔に比べればリーズナブルな価格、当時の憧れを手にするのに出せない額でもない…欲しい!

DSC07908

たまたまジェイ奥村さんが店長さんと知合いという縁もあって、

横浜のミニベロ専門店「GCS」を訪問、念のため実車に試乗させてもらい、注文。

週末に納車となり、さっそく電車に乗って輪行ポタリングへ。

DSC07742

DSC07877

BD-1 Classicとの初輪行は、JR御殿場線・山北町へ。

ちょうど沿線の桜並木が見頃で、気持ちのよい初ポタです。

帰りも東海道線・国府津駅で途中下車、少し海沿いを走って二宮駅から再乗車。

改めて、簡単に折り畳んで電車で乗り降りできるというのは便利〜。

輪行であちこち巡るのが楽しくなりそうです。